パッチテストについて

接触皮膚炎などのかぶれが疑われる場合に行う検査です。

汗をかくと正しく判定できなくなるため、汗をかきにくい季節のみ(10月中旬~3月頃までを想定)、検査を行います。

 

当院で行えるパッチテストは以下の2種類になります。

 

1.パッチテストパネル®(S)によるアレルゲン22種の検査

ジャパニーズスタンダードアレルゲン24種のうち、22種について検査が可能です。

金属の一部、香料、油脂、樹脂、ゴム製品などに含まれるアレルゲンがセット化されており、22種類まとめての検査となります。

保険負担が3割の場合、検査料と薬剤料で約5800円が自己負担額となります。

 

2.トリイ金属パッチテスト試薬による検査

金属アレルギーの有無について、16種類の金属について検査を行います。

3割負担の場合で約1300円程度です。

 

どちらの場合も、検査日、検査48時間後、72時間後の合計3回の診察が必要となり、その際に再診料がかかります。

検査スケジュールは以下になります。

検査日:火曜 48時間判定:木曜 72時間判定:金曜

 

検査について特に注意頂きたい点がいくつかあります。

・検査には上記3回の診察が必要です。

・来院初回は検査の日程確認と予約となり、検査を行うのは後日となります。

・他の日程では判定が揃わないため、行うことができません。

・検査日から48時間判定までの間は入浴ができません。

・検査期間中は汗をかくアクティビティはお控えください。

 

その他の詳細につきましては、診察及び検査を行う際にお伝え致します。