とびひ

伝染性膿痂疹が医学的病名です。ブドウ球菌や溶連菌よる皮膚表面の感染症の一つです。細菌からある種の毒素が発生し、その結果皮膚のごく表面が剥がれ、水疱、膿疱を作ります。治療は抗生剤の外用だけでは不十分で、抗生剤の内服治療が中心となります。

ときに耐性菌による膿痂疹の場合は通常の抗生剤では症状が改善しないため、抗生剤を変更が必要となります。