ほくろ

母斑細胞母斑または色素性母斑が医学的な病名です。母斑細胞という通常の皮膚とは異なる細胞が生じ、ゆっくり増殖していく良性腫瘍です。多くは後天性です。ダーモスコピーという拡大鏡で診断します。大きさや形、色調などによって悪性黒色腫(メラノーマ)やその他の皮膚悪性腫瘍との鑑別が必要です。

良性であり放置で問題ありませんが、日常の支障をきたす場合や気になる場合は治療します。レーザー治療では細胞の良性・悪性を病理組織検査で診断できないこと、母斑細胞が残り再発する可能性が高くなることから、切除での治療を行っています。