ニキビ(尋常性ざ瘡)

毛穴の出入り口が皮膚の老廃物や皮脂でふさがって皮脂が毛包に溜まったものが白ニキビ、黒ずんだ皮脂でふさがったものが黒ニキビと呼ばれます。これらの非炎症性ニキビの内部でニキビ桿菌(P.acnes)という菌が増殖し、赤く腫れたものが炎症性のニキビです。

治療としては毛穴の出入り口がふさがらないようにすること、そして細菌感染や炎症をコントロールすることです。

以前は海外と比べて薬剤の選択肢が少なかったのですが、この数年で改善されています。主な薬剤は以下のようになります。

過酸化ベンゾイル(BPO)

過酸化ベンゾイル・クリンダマイシン配合剤

アダパレン

過酸化ベンゾイル・アダパレン配合剤

抗生剤内服療法(ミノマイシン、ロキシスロマイシン)

過酸化ベンゾイル、アダパレンの両剤ともに角質を剥離する作用で毛孔のつまりを除くため、顔ががさがさになる、赤くなる、刺激感などの副作用があるため、最初は部分的に外用して副作用がないかを確認しましょう。これらの外用剤に抗生剤含有ローションや内服、副作用によりときに保湿剤を併用していきます。