XTRAC(エキシマレーザー)

<紫外線治療とは?>

紫外線は皮膚の老化や発がんの原因となる一方で、ビタミンDの合成など人間の身体に不可欠なものでもあります。

紫外線治療は古代エジプトの時代から行われてきた、最も歴史のある治療法です。

近年の研究から、紫外線の波長を選ぶことで有害な副作用を避け、より効果的な皮膚疾患への治療ができるようになっています。

中波長紫外線療法(308-313nm)は尋常性白斑、円形脱毛症、乾癬、アトピー性皮膚炎、掌蹠膿疱症、菌状息肉症、悪性リンパ腫、慢性苔癬状粃糠疹に対して用いられる治療です。

この波長の紫外線が炎症に関わる活性化したリンパ球にアポトーシス(細胞死)を起こし、また免疫を抑える方向に働く制御性T細胞(Treg)を誘導して、過剰な免疫反応を抑えることがわかっています。

その結果、色が抜けた白斑に色素が戻り、脱毛斑に毛髪が生え、乾癬やアトピーの炎症の赤い肌が正常な皮膚に戻っていきます。

<紫外線治療で使う機器>

これまで当院では308nmをピークとする部分照射用エキシマライト(セラビームミニ®)、311 nmをピークとする全身照射型のナローバンドUVBという2つの機器で治療をしてきました。

これらの治療でも改善を認めますが、やはり難治な例、反応が遅い例もあります。

その場合は照射量を上げますが、それに伴い照射時間もだんだんと長くなってしまいます。

このため、高出力で短時間に治療が可能な、308 nmの光だけを出すエキシマレーザー、XTRAC®を導入しました。

<XTRAC®について>

XTRAC®は、国内で唯一、皮膚疾患治療用として薬事承認を取得したエキシマレーザーです。

他の中波長紫外線治療器と同じく、尋常性白斑、円形脱毛症、乾癬、アトピー性皮膚炎、掌蹠膿疱症、菌状息肉症、悪性リンパ腫、慢性苔癬状粃糠疹に対して保険診療による治療が可能です。

XTRAC®は308nmの光だけをエキシマライトの数十万倍の出力で照射でき、1ショットに要する時間は0.1-1秒程度。短時間で効率的に治療が可能です。

より出力の高い光を照射することで、より短期間で、毛髪が生え、色素が復元し、炎症の皮膚が正常化していくことが期待されます。

<XTRAC®での治療スケジュール>

週に1-2回のペースで治療を行います。慢性疾患の治療のため、治療回数は数ヶ月ないしそれ以上必要なことが多いですが、病変のサイズや症状の程度によっては、短期間でよい場合もあります。

1ショットの照射範囲は2cmX2cmと小さく、限られた範囲の病変に用います。治療による痛みはありません。

全身の治療には向いていないため、疾患の範囲や重症度により、ナローバンドUVBやエキシマライトなどから使用する機器を決め、治療を行っていきます。

<XTRAC®での副作用>

紫外線治療では、照射部位に日焼けのような紅斑、非常に強く照射した場合には水疱ができる可能性があります。このような副作用が出ないよう、少なめの量から段階的に照射量を増やしていきます。XTRAC®は余分な波長の光を含まないため、エキシマライトと比べても紅斑反応は出にくい傾向にあります。

<XTRAC®の有効性に関する科学的根拠>

以下のような論文でエキシマレーザーの有効性が客観的に示されています。

これまでの外用や内服治療で難治な症状に対する、有効な治療手段の一つと考えられます。

ご興味のある方は、担当医にご相談下さい。

(注:症状の改善には個人差があり、有効な例、そうでない例もあります。すべての方に効果を保証するものではありません)。

  • 30回の治療で、尋常性白斑の病変の61.4%で75%以上の色の回復、9.1%で51-75%の回復、22.7%で26-50%の回復、6.8%で25%以下の色の回復を認めた。(1)
  • 白斑の50%以上の色の回復を認めたのは、顔、首で74.1%、体幹で100%、四肢で25%であった。
  • 発症から2年未満の病変では100%、2年以上の病変では64.2%が、50%以上のエリアで色が回復した。(1)
  • ナローバンドUVBよりもエキシマレーザーのほうが、白斑部分でのメラノサイト(色素細胞)の増加が早い。(2)
  • 円形脱毛症へのエキシマレーザーによる12週間の治療で、脱毛斑の直径は有意に縮小し、発毛の増加も認めた。(3)
  • 尋常性乾癬では、他の光線治療(PUVA)や外用治療などよりも、エキシマレーザーのほうが乾癬局面への有効性は高いことが示された。(4)
  • アトピー性皮膚炎に対してエキシマレーザーは有効な治療であり、ステロイド外用よりも効果が高い。(5)

注:論文中のデータは数世代前の機器によるもので、高出力化した現在の機種では有効性が異なる場合があります。

<参考文献>

  1. Zhang XY, et al. Clinical efficacy of a 308 nm excimer laser in the treatment of vitiligo. Photodermatol Photoimmunol Photomed. 2010 Jun;26(3):138-42.
  2. Manal MSE, et al. Comparison Between (311–312 nm) Narrow Band Ultraviolet-B Phototherapy and (308 nm) Monochromatic Excimer Light Phototherapy in Treatment of Vitiligo: A Histopathological Study. J Lasers Med Sci 2017 Summer;8(3):123-127.
  3. dJi WB, et al. Effectiveness of 308-nm Excimer Laser Therapy in Treating Alopecia Areata, Determined by Examining the Treated Sides of Selected Alopecia Patches. Dermatology 2015;231:70–76.
  4. Han L, et al. Evaluation of 308-nm monochromatic excimer light in the treatment of psoriasis vulgaris and palmoplantar psoriasis. Photodermatol Photoimmunol Photomed 2008;24:231-6. 
  5. Baltás E, et al. Treatment of atopic dermatitis with the xenon chloride excimer laser. J Eur Acad Dermatol Venereol. 2006 Jul;20(6):657-60.