粉瘤

<どんな病気?>

皮膚が巾着袋のような状態となり、その袋の内側で作られた垢が中にたまり、しこりになる皮膚の良性腫瘍です。

<治療>

外科的な切除となりますが、大きく分けて2つの方法があり、当院ではどちらにも対応しています。

くり抜き法

局所麻酔ののち、袋の出入り口の部分を数ミリくり抜き、内容物と袋をその穴から摘出する方法です。傷跡としては小さなもので済みます。

これまで炎症などを起こさず、手術歴のない場合はこの方法で切除が可能です。

過去に炎症(赤く腫れたこと)や同じ場所の再手術の場合は下記の切採法での治療となります。

切採法

過去に炎症を起こしたり手術をしたことがある場合は、周囲の組織との癒着のため、くり抜き法ではうまく切除できない場合があります。このため局所麻酔を行なって紡錘形に切開し、粉瘤を切除します。線状のきずあとが残ります。

<赤く腫れて痛くなっていたら?>

この場合は袋を切除して取り除くことはできません。まずはくり抜き法のように局所麻酔をして穴を開け、膿と内容物を出し、炎症を抑えます。炎症が収まったあとで、袋の部分を切除するかを決めていきます。