紫外線療法

紫外線は皮膚ガンの発症や皮膚の老化に関与するマイナス面もありますが、皮膚でのビタミンDの合成に欠かせないものでもあります。

皮膚科では有害な紫外線を除去し、有効な波長を選択的に照射する紫外線照射器を用いて、様々な治療に役立てています。対象となる疾患は乾癬、尋常性白斑、アトピー性皮膚炎、類乾癬、菌状即肉症、悪性リンパ腫、慢性苔癬状粃糠疹です。

当院では以下のような機器を用いて治療を行なっています。

ナローバンドUVB 照射器

UVBは紫外線の中で280nm-320nmの波長の光をいいます。この中でより波長の短いものが発がん性が高いと考えられており、また研究から308-311nm付近の光が乾癬に高い効果があることが示されています。これらのことから311nmをピークとする光を高効率に出るようにしたのがこの機械です。当院ではシネロン・キャンデラ社のダブリン7を使用し、立位で正面と背面の2回の照射で治療をします。より広範囲に皮膚症状がある方に向いています。

セラビーム・ミニ

308nmの光を以上に高い効率で照射できるエキシマライトを用いて、さらに「エキシマフィルター」によりリスクのあり得る短波長域を減らし、より安全かつ効果的に照射が可能となった機器です。この機器では照射エリアがコンパクトで、病変部位に限って照射することができます。広い範囲の治療よりも限られたエリアの治療に向いています。