陥入爪

<どんな病気?>

靴による圧迫や外反母趾などにより、足の爪が横方向から圧迫され、内側に巻き込んだ状態となったものです。食い込んだ爪が皮膚に刺さり、痛みがひどくなっていきます。

症状が悪化すると「血管拡張性肉芽腫」といって、出血しやすい組織が盛り上がり、強い痛みや細菌感染を伴うようになります。

<治療は?>

「食い込んだ爪をなくす。あるいは食い込んだ状態を矯正する」ことが目的となります。大きく分けると外科的治療とそうでないものがあります。

メスを入れない治療は超弾性ワイヤーで食い込んだ爪を持ち上げる治療で、自費診療となります。しかし爪が伸びて切るうちにワイヤーが外れるため、根治療法とはなりません。

より根治的な治療としては、局所麻酔をして辺縁の爪を細長く根元から抜き、その爪を作る組織(爪母)をフェノールという薬品で壊す治療(フェノール法)があります。

食い込んでいた部分的な爪だけが生えなくなることで、根治的な治療となります。日帰り手術で歩いて帰ることができます。