白斑・円形脱毛・乾癬・アトピーへのレーザー治療(XTRAC)

<紫外線治療・光線治療について>

紫外線は皮膚の老化や発がんの原因でもありますが、実は紫外線は古代エジプトの時代からある、最も歴史のある皮膚科の治療法でもあります。今では研究が進み、紫外線の特定の波長を選ぶことで、有害な副作用を避け、より安全で効果的な皮膚疾患への治療ができるようになっています。

中波長紫外線療法(308-313nm)は、尋常性白斑、円形脱毛症、乾癬、アトピー性皮膚炎、掌蹠膿疱症、菌状息肉症、悪性リンパ腫、慢性苔癬状粃糠疹に対して用いられる治療です。

この中波長紫外線は、炎症を起こす活性化したリンパ球に細胞死を起こし、また免疫を抑える制御性T細胞(Treg)を誘導して、過剰な免疫反応(炎症)を抑えます。

その結果、色が抜けた所に色素が戻り、脱毛斑に髪が生え、炎症で赤くなった乾癬やアトピーの症状が改善していきます。

<これまでの紫外線治療>

これまで当院では308nmをピークとする部分照射用エキシマライト(セラビームミニ®)、311 nmをピークとする全身照射型のナローバンドUVBという2つの機器で治療をしてきました。これらの機器でも効果を認めるものの、それでも難治な方や、より早い効果や改善が求められるケースが有ることも事実です。

これらの現状を踏まえ、エキシマレーザーであるXTRAC®を導入致しました。

<レーザー治療機器 XTRAC®とは?>

XTRAC®は国内で唯一、皮膚疾患治療用として薬事承認を取得したエキシマレーザーです。

他の中波長紫外線治療器と同じく、尋常性白斑、円形脱毛症、乾癬、アトピー性皮膚炎、掌蹠膿疱症、菌状息肉症、悪性リンパ腫、慢性苔癬状粃糠疹に対して、保険診療による治療が可能です。

308 nmの単一波長の光だけを出すレーザーで、エキシマライトの数十万倍の出力で照射できます。

高い出力での治療により、より少ない通院回数での症状の改善が期待されます。

<XTRAC®による治療>

  • 既存の機器と比べ、照射時間は非常に短く、短時間でより効果的に治療が可能です。
  • 「レーザーは痛い」というイメージとは異なり、痛みはありません。
  • 照射範囲は2cmx2cm。1ショットの時間は0.1-1秒程度。病変全体を照射していきます。
  • 照射部位の紅斑、時に水疱ができる副作用があります。そうならないよう、少ない照射量から段階的に増加させます。
  • 1回の照射範囲が小さいため、限られた範囲の病変には適しますが、全身の照射には不向きです。
  • 疾患の範囲や重症度により、XTRACか、ナローバンドUVBやエキシマライトか、使用する機器を決めていきます。
  • 治療頻度は週1〜2回程度。慢性の病気の治療のため、必要な治療回数は数回〜数十回まで、様々です。
  • すべての症例で有効とは言えません。治療の対する反応には個人差があり、効果の有無も程度も様々です。

この新たな治療手段で、病気に悩む患者の皆さんの症状や苦痛の改善につながれば、幸いです。

いくつかの研究論文の結果もご紹介しています。ご興味のある方は下記リンクを御覧ください。